煙草やめてプロ野球始めたよ! tatumi (巽)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロ野球界を救え!
ファンとしての新規参入
 サルでもわかるプロ野球を目指すブログ。 今のプロ野球界を救えるのは俺たちプロ野球ドシロウトだっっ!
 1月はプロ野球入門でした。
 2月はエンジョイキャンプ?
 3月はオープン戦・開幕戦!
 4月はついにシーズン到来!!
 5・6月はあの交流試合だ!
 7・8月はごめん、ただの夏でした
 9月はとうとうリーグ優勝決定か!?
10月はプレーオフと日本シリーズ!
11・12月、ありがとうプロ野球!
SPECIAL LINK ■■■
今日から野球ファンに
なった人のためのブログ
(略して「きょうろぐ」)
初心者の質問に答えてくれるブログ。寄ってたかって教えてくれるはず。もちろんあなたが教えてもいいんです!
LINK
オーナー会議、見失う
孫オーナーの、「いいじゃん、やろうよ、プロ野球世界選手権♪」という記事を探し続けて、違う記事を発見。もっとスピードアップを!って記事です。
 ストライキ決行から約半年。球団側はいまだに具体的な球界改革案を示せず、批判の声は高まりつつある。ファン離れを危ぐするなら、経営のトップが労使交渉の行方に敏感になるのは当然だ。
 「スピードを上げて議論してほしい」。構造改革協議会の現状説明を受けたオーナーからは、迅速な改革案づくりを求める声が多く上がったという。宮内議長は「(このままでは)同じ轍(てつ)を踏む危険性がある」。球団ごとに思惑が異なり、足並みがそろわない現状への危機意識を口にした。
(中略)
 スピードアップを望みながらも、どこから手を付けていいか分からないのが本音なのかもしれない。「オーナー会議で意見がまとまらないものが(協議会に出席する球団代表レベルでは)もっとまとまらない」(ロッテ・重光オーナー代行)という寂しい意見も。出口は見えない。

オーナー会議とプロ野球構造改革協議会って別物が同時期に開催されてたのね。

 ひな壇から漏れた苦笑が球界の現状を物語っていた。14日、都内ホテルで開催されたプロ野球構造改革協議会。経営者側との議論を終えて会見に臨んだ選手会の古田会長だが、報道陣からの「会議で何か見えてきたか」との質問にしばし絶句してしまった。

 「うーん…。実に恥ずかしい話なんですけどね。まあ(経営者側が)みんなで問題点をあげてやっていこうというのは、遅ればせながらいい方向じゃないのかなあ…」

 球界改革の中軸である「ドラフト・FA・年俸」の改革3点セットに対しては突っ込んだ議論はされず、そのため前出の質問を受けて古田会長の苦笑が飛び出した、というワケだ。


って孫オーナーのニュースがどこかに行っちゃったよー。
周囲の賛同は得られづってテンション低めな記事と、周囲は好意的に受け止めていたって記事の二つを見たと思ったんだけど、本気で見失った!なぜ見つからない!!クソォ!
[PR]
by tatuminoheya | 2005-03-17 00:54 | プロ野球
<< 「週刊トラトラタイガース」終了! 球場略称名は「フルスタ宮城」 >>
目次
カテゴリ
最新のトラックバック
アンブレイカブル
from 羅夢の映画放浪記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事