煙草やめてプロ野球始めたよ! tatumi (巽)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロ野球界を救え!
ファンとしての新規参入
 サルでもわかるプロ野球を目指すブログ。 今のプロ野球界を救えるのは俺たちプロ野球ドシロウトだっっ!
 1月はプロ野球入門でした。
 2月はエンジョイキャンプ?
 3月はオープン戦・開幕戦!
 4月はついにシーズン到来!!
 5・6月はあの交流試合だ!
 7・8月はごめん、ただの夏でした
 9月はとうとうリーグ優勝決定か!?
10月はプレーオフと日本シリーズ!
11・12月、ありがとうプロ野球!
SPECIAL LINK ■■■
今日から野球ファンに
なった人のためのブログ
(略して「きょうろぐ」)
初心者の質問に答えてくれるブログ。寄ってたかって教えてくれるはず。もちろんあなたが教えてもいいんです!
LINK
NHKスペシャル~論戦 “TVオーナー会議”~
NHKスペシャル  「改革元年」となる今シーズン、プロ野球は開幕早々、厳しい数字を突きつけられた。巨人戦の視聴率―4月1日、ナイター開幕戦としては過去最低となる13.5%を記録。さらに、7日には8.8%と僅か6戦目にして二桁を切ってしまう。この日、観客数も1万3千人足らずに留まった。
 一方、新球団・楽天は、地元・仙台で1万5千人以上の観客を集めるなど健闘している。しかし、26失点という記録的大敗を喫するなど、戦力に不安を抱える新球団が人気をどこまで持続できるかは予断を許さない。
 そして、毎シーズン球界全体で100億円以上の赤字を生み出す構造的な問題、いつどこの球団が消滅しても不思議ではないという状況も変わっていない。
 果たして、プロ野球界は人気低迷に歯止めをかけ再生への道筋を付けることができるのか。開幕から1か月、観客数の増加や視聴率の向上などに取り組む改革の現場を徹底取材。更に、球界の最高意思決定機関「オーナー会議」で異なる立場を取る、巨人・滝鼻卓雄氏、オリックス・宮内義彦氏、ソフトバンク・孫正義氏、3人のオーナーに改革の理念を質し、プロ野球再生の条件を探る。


 感動した!気が付いたら1時間過ぎてたって感じだった!
 福岡ソフトバンクホークスの孫オーナーの株が急上昇したよ!ソフトバンクファンに喜んでなるよ!そう叫びたくなっちゃうくらいの、なんか…カリスマっぷり(?)でした。先日のMLBと世界一決定戦をしましょう!って立ち上げたときに垣間見れたやる気パルスみたいなの、やっぱり孫オーナーは持っていた!



・福岡ソフトバンクホークスの孫オーナー  若手IT経営者
・オリックスバファローズの宮内オーナー  カリスマオーナー
・読売ジャイアンツの滝鼻オーナー     読売新聞社長

 ということで、NHKの番組で4/25収録の「~論戦 “TVオーナー会議”~」がたった今放映されてました。開始5分前に気づいて途中で寝ちゃってもいいようにビデオをセットしたんだけど、眠気なんて全然なし。興味津々であっという間の一時間でした。
 12球団中3球団のオーナーが集い、テレビの前で討論し合う。画期的!
 番組の最後に滝鼻オーナーに普段のオーナー会議と比べてどうだったかという質問していた返事にびっくりした。通常のオーナー会議はもっと淡々としていると答えてた。議題があるからそれをこなすだけ、みたいな感じ。しゃべらない人もいるししゃべりすぎる人もいる……って。

 それにしても顔と名前が一致するオーナーは孫氏だけだったんだけど、別にいいイメージは持ってなかったんです。単に若手で意欲的だってイメージだけで。逆にオリックスオーナーの宮内氏が、何ともいえずモヤモヤする。それはもう口元に笑みを浮かべる姿は慇懃無礼チックにしか捉えられない。いっそ滝鼻巨人オーナーくらいさっぱりしていてくれればもっと印象が違うんだろうけど。

 それぞれの球団のオーナーとしてとらえ方が違うのは当たり前でしょう。
 球界の改革が必要だということは絶対だとしてその内容だって、
  ・球界にとっての改革
  ・球団にとっての改革
  ・オーナーにとっての改革
  ・選手にとっての改革
  ・ファンにとっての改革
と、様々な角度からいろんな立場の人間の思惑で、その内容も変わってくるでしょう。

 この番組を見ていて、知らないことがたくさんあった。
 単純にパ・リーグのテレビ放映が地上波では流れていない、ということ。
知らなかったよー!セ・リーグだけだったの?ほんとに?だったら今回の交流試合がなかったらパ・リーグの試合は球場へ行くか、BSとか衛星放送じゃないと試合を見ることができなかったのか~。それはすごいかも。他スポーツと比べてそんなもんなんだとしたら、いかにパ・リーグが優遇されてるかっていうことなんだね。
 それと横浜球場が巨人戦の時だけ一部チケットが通常よりも1000円高かったこと。それだけ巨人戦には値打ちがあったってことなんだよね。すごい。


 今年合併して立ち位置からして不幸だといわれているオリックスバファローズ。3月28日のオリックスバファローズ開幕戦(大阪ドーム)を盛り上げようと計画を立てて配った無料招待チケットから4000人来てくれば御の字だ!というVTRが流れたわけなんだけど、その結果少なくとも2000人来ればいいかと思ってたら、実際に球場へ足を運んだのは400人だったという結末に。もの悲しいガラガラのスタンドのVTRが流れてました。


 各球団の自らの球団の立ち位置を把握しようとしていて、オリックス以外に巨人も「巨人神話」に頼ってないか、と広告代理店の人と自らの内部資料から今の巨人の立ち位置をあぶり出したり、そういうVTRも流れてました。

・宮内オーナーの望むMFL式経営。
 リーグ全体の収益を各チームで頭割り

・孫オーナーの期待するプロ野球界の盛り上がる構図作り
・滝鼻オーナーのそれでもやっぱり巨人が盛り上がらなければ!

 ドラフトの自由獲得枠についてや年俸高騰に対しても、宮内オーナーは今までがダメだったんだから、やめましょうという考え。12球団としてまず考えましょうというスタンスだと思う。これはこれで素晴らしいと今書いてて思うけど、宮内氏が話しているところを見ていると、自分の意見のごり押しにしか聞こえてこなかったのはなぜだ?

 孫、滝鼻氏は各チームがそれぞれ魅力的になっていけば、それが球界全体を盛り上げていくことになるんだから、自分たちのチームは当然がんばるんだぜ!というスタンス。ソフトバンクホークスにいたってはすでに「目指せ世界一!」とうたっているそうだ。さすが孫オーナー。俺はもうあんたにメロメロだよ!


 世界一決定戦だって、来年や再来年しよう!ってせっついてるわけじゃないんだから、長い目を見て10年後に開催するかもしれないんだし、やってみるだけの価値はあると思うんだけどなぁ。NHKのアンケートでは12球団中4球団だけしか賛成しなかったんだって。オーナー会議では開始時期や資金面でごねた質問が出たらしい。


 巨人の経営、これは別記事で書こうと思ってる「清原選手」についてとかぶるんだけど、金にものをいわせてるのかもしれないけど、ありなのかなぁとか考えたりしてるので、滝鼻オーナーの意見に思ってたより賛成できてる自分がいます。


 思ったより熱く感動したので、思い付いたまま勢いでこの記事を書きました。
だもんでまたあとで修正したりするかもしれません。
具体的に改革をどうすればいいのかなんてわかんないですけど、今の球界はちょっとだけでも動き出したんだから、間違ってはいないと思ってます。

 最後に番組内で流れてて昨日の世論調査になかった「好きな球団」を。
■好きな球団
 セ・リーグ
  1位 巨人    42.4%
  2位 阪神    20.2%
  3位 中日    7.6%
  4位 広島    4.1%
  5位 ヤクルト  3.4%
  6位 横浜    2.3%

 パ・リーグ
  1位 ソフトバンク   6.2%
  2位 日本ハム     5.2%
  3位 楽天        4.4%
  4位 西武        2.2%
  5位 ロッテ       1.2%
  6位 オリックス     0.7%
  
[PR]
by tatuminoheya | 2005-05-04 23:05 | プロ野球
<< 「きょうろぐ」が雑誌に掲載される! NHK世論調査「プロ野球」おも... >>
目次
カテゴリ
最新のトラックバック
アンブレイカブル
from 羅夢の映画放浪記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事