煙草やめてプロ野球始めたよ! tatumi (巽)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロ野球界を救え!
ファンとしての新規参入
 サルでもわかるプロ野球を目指すブログ。 今のプロ野球界を救えるのは俺たちプロ野球ドシロウトだっっ!
 1月はプロ野球入門でした。
 2月はエンジョイキャンプ?
 3月はオープン戦・開幕戦!
 4月はついにシーズン到来!!
 5・6月はあの交流試合だ!
 7・8月はごめん、ただの夏でした
 9月はとうとうリーグ優勝決定か!?
10月はプレーオフと日本シリーズ!
11・12月、ありがとうプロ野球!
SPECIAL LINK ■■■
今日から野球ファンに
なった人のためのブログ
(略して「きょうろぐ」)
初心者の質問に答えてくれるブログ。寄ってたかって教えてくれるはず。もちろんあなたが教えてもいいんです!
LINK
スポーツ選手は煙草吸うなよ!ってこと?
 日本禁煙推進医師歯科医師連盟が行ったプロ野球12球団に対する初の喫煙対策調査の結果が、13日までにまとまった。回答したのは読売ジャイアンツなど5球団だけで、7球団は回答しなかった。5球団の多くは「喫煙は好ましくない」とした。日本のプロ野球選手の喫煙率は40%前後とみられている。
 3月上旬、各球団社長に調査書を郵送した。回答したのはほかに、中日ドラゴンズ、広島東洋カープ、オリックス・バファローズ、千葉ロッテマリーンズ。
 選手の喫煙について、5球団のうち4球団が「選手に限らず好ましくない」とし、オリックスは「喫煙すべきではない」と明言した。中日は「未成年でなければ自己決定」とした。

デフォルトで、喫煙者に対しての抑圧的な記事が出ると反対したくなります。
それと同時に、煙草を吸うことをしなくなったということを自慢したくてうずうずします。

勝手にこの連盟に対しても敵対心をいだきながら「各球団社長に調査書を郵送?5球団もちゃんと返事してやってありがたいと思え!」とか思ってしまう。

連盟のページに詳しいことが載ってるかと思いきや載ってなかった。
ということでいつものように記事内のデータを勝手に見やすく表示してみました。
▼12球団中下記の5球団が回答して残りの7球団は回答なし。
  ・読売ジャイアンツ
  ・中日ドラゴンズ
  ・広島東洋カープ
  ・オリックス・バファローズ
  ・千葉ロッテマリーンズ

・5球団の多くは選手の「喫煙は好ましくない」で
・5球団のうち4球団が「選手に限らず好ましくない」なんだって。
・オリックスは「喫煙すべきではない」と明言。
・中日は「未成年でなければ自己決定」
●日本のプロ野球選手の喫煙率は40%前後とみられている。

 このアンケートによって何がわかったんだろう。何が知りたかったのかな。プロ野球選手の喫煙の状況を暴き立てて、ベンチやロッカールーム等の完全禁煙化に対しての布石?こういうのって普通の社会でも同じ事が起こってるんですよね。現状の球場での禁煙化はいいと思う。選手側でも吸わない人が煙に迷惑していると言うことをどこかで見たこともあるし、吸う人は吸わない人に迷惑をかけるべきではないと思う。

 ありきたりだけど、喫煙者の中から分煙運動や禁煙運動をしていかないとダメなんじゃないの。理性的じゃないけど嫌煙家の人から軽く言われただけでカチンと来る時があることは嘘じゃないし。

 スポーツ選手が煙草を吸うなんて…と思うのはわかるけど、吸うべきじゃない!やめろ!というのは違うよね。喫煙者の多数はやめられるならやめてみたいと思うけど、とてもじゃないけどやめられそうもないから、プチ禁煙で手を打っておこう…って状態だと思うよ。聞くところによると減煙やプチ禁煙こそ、つらいんだって。
 思い切ってすっぱりやめた方がやめれるらしいよ。減煙なんかは常に苦しい思いを生む出しているだけなんだって。毎回1から我慢しなきゃならないだけなんだって。それは確かにそうだと思う。



 で、あれなんだって。吸いたいと思わなくなれば禁煙は成功なんだって。自分の場合は単なるチャレンジで成功しちゃっただけで、運が良かったんだと思う(自慢)。
 10年以上吸っていてやめる前は一日2箱(40本)吸ってたのを、値上げする一月前から単純に「できるだけ吸わないようにする」という方法で開封した時間を箱に書くってシステム。吸わないでいる自分が嬉しくなるので、「じゃあもう10分後で吸うことにしよう」「あと2本で今日を保たせよう」「開封したのが●時だからあと2時間保てば丸々●日を一箱で乗り切ったことになるじゃん!俺スゲー!」とかそんな感じで。
 逆に「絶対やめてやる!」「死んでも吸うもんか!」という気合いもなかったのでそれが良かったのかもしれません。貯金額が100万円を超えると使いたくなくなるので貯金ができるようになる!って説と同じかも。…あれ?吸わないでここまできちゃったよって感じ。

 身体からニコチンが抜ける(という表現で合ってるのかな)までが大変?
 それよりもとりあえず「口が淋しい」から来る『くわえたい欲求』はずっと押し寄せてたので、安いロリポップキャンディーや「あたりめ」をガシガシしがんでやりすごしてました。貧乏性なので禁煙パイポもみみっちく使っていたら3本入りだったのに結局最初の1本しか使わなくて残りを人にあげてしまうはめになったり。

 今年の秋で丸二年。やめてしまうまで、絶対自分にとっての煙草という価値からやめる事なんてないと思ってたのに、今では「煙草のない生活」が当たり前に。ああ、机の中や車のトレイ、カバンの中とポケットの小さいやつ……とちりばめるように置いていた100円ライターの存在が急に懐かしくなってきた。

 とかいいながら、最初の1年はできるだけ「煙草」についてどんなささいなことでも考えないようにしてたよ。ちょっとでも意識しちゃうとヤバいと思ってたから。一年を過ぎた頃から「煙草を吸う夢」を見て「うわーーーーっ!俺吸っちゃったじゃん!俺の馬鹿ー!」とか思って起きて、今のは夢?現実なんだっけ?と一瞬どっちだかわかんなくなっちゃったりしてた。

 禁煙は難しい、という喫煙者の思い込みが「禁煙」を失敗させてるんだって。

喫煙者を救え!」。こういう記事を読めるようになったのは、つい最近です。
[PR]
by tatuminoheya | 2005-05-15 23:59 | プロ野球
<< 長嶋茂雄のメッセージが巨人のサイトに 交流戦をやめるという選択肢はな... >>
目次
カテゴリ
最新のトラックバック
アンブレイカブル
from 羅夢の映画放浪記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事