煙草やめてプロ野球始めたよ! tatumi (巽)
プロ野球界を救え!
ファンとしての新規参入
 サルでもわかるプロ野球を目指すブログ。 今のプロ野球界を救えるのは俺たちプロ野球ドシロウトだっっ!
 1月はプロ野球入門でした。
 2月はエンジョイキャンプ?
 3月はオープン戦・開幕戦!
 4月はついにシーズン到来!!
 5・6月はあの交流試合だ!
 7・8月はごめん、ただの夏でした
 9月はとうとうリーグ優勝決定か!?
10月はプレーオフと日本シリーズ!
11・12月、ありがとうプロ野球!
SPECIAL LINK ■■■
今日から野球ファンに
なった人のためのブログ
(略して「きょうろぐ」)
初心者の質問に答えてくれるブログ。寄ってたかって教えてくれるはず。もちろんあなたが教えてもいいんです!
LINK
2005年 03月 06日 ( 2 )
ヤクルト捕手の将来
ヤクルトスワローズのキャッチャーは、古田敦也。これは有名です。

自分の場合は他球団のキャッチャーの名前を挙げろと言われても出てきません。
ギリギリ阪神のキャッチャーを、キャンプニュースの時に見ていて既知の選手が今シーズンは他の捕手選手と交代しながらやっていくことを検討している、というようなことをコメントしていたよな……と頭をよぎる程度です。

ということで、こういうニュースを見て思いました。
 ヤクルトの若松勉監督(57)が2日、今季の序盤戦で捕手を2人態勢とする可能性を明かした。若手に一軍サバイバルを義務づけ、古田敦也捕手(39)に次ぐ正妻候補を育成する狙い。札幌遠征から帰京後の6日以降、一軍レベルに達しない選手を振り落としていく。



 4・1開幕に向け、ポスト古田争いに拍車がかかった。

 浦添キャンプから帰京後、神宮で行われた初練習で、若松監督が『捕手2人態勢』を敷く可能性を明かした。「古田の体調との兼ね合いもあるけど、捕手は2人でいくこともありますよ。若手の捕手は打つだけでなくリードも見ないといけない。(オープン戦で)結構打たれてますしね」。通算2000安打まであと16本の古田が好調を持続していることもあり、一軍捕手を昨年より1人減とする考えを示した。


 古田選手は今年40歳ということで、将来監督になるのかと噂されたりと現役以降の活躍も期待できるほどのスター選手だと思ってます。本人はもちろん球団側も2000安打――このタイトルがスゴいのかどうかはわかってませんが――を獲得しておきたいだろうし今シーズンもレギュラーで活躍するんでしょう。
 来年以降は、どんな感じなんでしょう。
 プロ野球選手の引退直前の様子など知りませんが来シーズンは現役を降ろされる可能性があるのかもしれませんね。今シーズンにまだまだ現役で通用する活躍があれば、それはそれでファンは嬉しいことでしょうけれど。
 そして今シーズンはまだまだ大丈夫と思ってましたが、しけたろうさんのところでこういう記事がエントリーされていました。
毎日新聞の古田選手の記事


8月で40歳になる。肩の衰えは隠しようもなく、昨季、正捕手ではリーグ最低の盗塁阻止率(0・259)だった。オフに監督兼任の話も持ち上がったが、現役に対するこだわりは強い。「若い時のようにいかないが、技術でカバーしたい」と、積極的に足腰を鍛えている。


えーっ、盗塁阻止率0.259でリーグ最下位!
かつては6割という信じられない強肩だったのに・・

確かに衰えは来てるのかな?
多菊社長の発言もこのアタリの数字をしってたのかも・・

 ファンにも意外だった古田の盗塁阻止率の低さ。
 これは単純にデータ上での最下位なので、試合内容などは理解してませんが、やはりこういうことも含めてのトップにリンクしている記事、ヤクルトの時期キャッチャー育成は大切なことなんだろうなということがわかりました。

 自分でも自分が中年であるとは思ってませんが、古田選手が公式ブログでこういうポーズ(最後の)を取っているのを見て、受け狙いのポーズとして認識しているけど、若い人たちに完璧に理解して受け取ってもらっているとは思えないので、そう考えると、俺なんかもそれなりに生きてきてた立派な中年なんだなぁと思ったりしました。

 古田捕手の抜けたあとのヤクルトは、その抜けた穴を埋めるのは大変だろうけどがんばって欲しいと思います。
 古田がヤクルトの監督になるのは、ファンとして嬉しいことだと思ってて間違いないよね?
[PR]
by tatuminoheya | 2005-03-06 03:25 |  └古田敦也
プロ野球11年連続トップ!人気健在
プロ野球、なんだかんだ言って安泰じゃん。
やっぱり日本人って野球好きなのね。

 読売新聞社が行った全国世論調査(面接方式)によると、見るのが好きなスポーツとして、「プロ野球」を挙げた人は51%で、11年連続のトップとなった。

 50年ぶりに新球団が誕生し、セ・パ両リーグの交流試合が実施されることなどを反映してか、「昨年よりも面白くなる」と思う人も75%に上った。

 調査は2月12、13の両日に実施した。

 プロ野球に次いで、好きなスポーツでは「マラソン」40%、「高校野球」30%、「サッカーJリーグ」29%、「駅伝」27%――などの順となった。

 好きなプロ野球チームでは、今年も巨人が1位で27%。2位は阪神13%、3位は中日7%だった。新球団・楽天は6位(3%)。


1.プロ野球51%
2.マラソン40%
3.高校野球30%
4.Jリーグ29%        ってことは野球が81%も独占してるってことか。

これは、高校野球は好きだけどプロ野球は好きじゃないって人が多いのか、
高校野球が一番好きで、プロ野球は二番目に好きって人なのかで、
ずいぶんイメージが変わってくることですけども。
けど、思ってたより今年もプロ野球に期待する気持ちが世間にはあるってことがこうやって表示されることがこれからの人気にも関わってくると思うので、これからも世間の興味を集めていってもらいたいですね。

あちこちにこのニュースを見かけたんだけど、元のアンケート結果はどこかのサイトにアップされてないのかな。元記事だと思われる読売オンラインでも詳しくは発表されてなかったし。
好きなチームを全部見たいなぁ。

1位 巨人 27%。
2位 阪神 13%、
3位 中日 7%
 :
6位 楽天 3% 
[PR]
by tatuminoheya | 2005-03-06 02:28 | プロ野球
目次
カテゴリ
最新のトラックバック
アンブレイカブル
from 羅夢の映画放浪記
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事